そろそろブログ記事も増えてきた頃でしょうか?
ブログの記事はどんなジャンルにしましたか?

読むと知りたい欲求を満たせるような、
そんな記事を書くことができているでしょうか?

最初は分からないことだらけで
ブログを開設することができただけで嬉しかったけれど、
だんだんブログが充実してきたら、今度は結果が欲しくなりますね。

 

今回は以前紹介した記事「どんなブログにするべき?」よりも一歩前に進んで、
収益の上がるブログにするにはどうするべきか、見ていきましょう。

 

ブログ記事をカスタマイズする

 

当然ながらブログのメインコンテンツは毎日書いている記事ですね。
この記事の書き方に、少し工夫を加えてみましょう。

副業とはいえ仕事ですので、ちゃんと仕事道具=記事となるようにカスタマイズするのです。

 

まずはあなたがこれまで書き続けてきた記事について客観的に見てみます。

1.これと決めたジャンルから脱線していないか。
2.あなたが改めて読みたいと思える記事か。
3.誰かの「知りたい」に応えることができる記事か。

これらができているかいないかは、とても大きなことです。

 

まず、ジャンルがふらふらしていると、
読みに来た読者さんもまたふらふらしてしまいます。

興味のあるジャンルだから検索してきたのに、
関係ない記事が多いと、なんとなく期待外れな気分になりますね。

そんな気分のまま紹介された商品を見ても、とても魅力的には映りません。
あなたが今書いている記事が、決めたジャンルから脱線していないか、
ましてや愚痴や悪口が並ぶ日記帳みたいになっていないか、
無意識で逸れてしまうことはよくありますので、常に気を付けていてください。

 

次に、あなた自身がもう一度読みたいと思える記事になっているか確認しましょう。
回りくどい言い回しや同じことの繰り返しは、文章に飽きる原因になります。

せっかくあなたのブログを探し当ててくれた読者さんも途中で読み飽きてしまうと、
ほとんどの場合そのままブラウザーを閉じるか、別のサイトに移動してしまい、
肝心の紹介部分までは読んでもらえないことがあります。

そんなもったいない事態は避けるべく、簡潔で読みやすい文章を心がけましょう。
そして、あなたの記事は誰かの「知りたい」を満たすことができる記事ですか?
自分を含め、誰もが知っていることを改めて知りたいと、人はなかなか思いません。

 

インターネットを見るのは、たいていの場合が知りたいことを調べるためです。
「知りたい」が満たされる、少なくとも今より深い知識を求めて、
読者さんはインターネットで検索します。

今よりも深い知識が目的である以上、それがないブログには用事はありません。
あなたが記事を書くときは、そのジャンルを知らないか、
興味を持ったばかりの人が知りたいだろう事柄について書いていきましょう。

人並み以上の知識があるのであれば、惜しげなく披露するべきです。

 

そういった価値のある情報を載せているブログは
検索エンジンにとっても良いブログなので、
検索結果で前の方のページに掲載されることが多いです。

 

あなたが何かを調べるときもそうだと思いますが、
最初の方に見たブログに知りたいことの答えが載っていれば、
その後ほかのブログを探すことはほとんどないと思います。

 

つまり前の方に掲載されなければ、ブログを見てもらえる回数は
一番先頭のサイトよりもずっとずっと少なくなってしまうのです。

 

アフィリエイトにしてもアドセンスにしても、収入を得るためには
ブログの存在を認知してもらい、記事を見てもらうということが大前提です。

 

あんまり知られていないけれど、知ればお得な気がする。
そういう感じの知識でも、思い切りマニアックな知識でもいいので、
あなた以外の誰かに知ってもらいたい記事を書くように心がけましょう。

次回はブログのデザインをカスタマイズしてみましょう。


コツコツしっかりのアフィリエイトを学ぶならこちら⇒LUREA plus
「私」で勝負するアフィリエイトを学ぶなら⇒アンリミテッドアフィリエイト ネオ
勝手にSEOに強くなるWPテンプレートなら⇒賢威7
超簡単カスタマイズのWPテンプレートなら⇒ALPHA WordPress Theme