恥ずかしながら最近まで存在に気づかなかったのですが、
Windows7から標準装備でついてくるSnipping Toolが驚くほど便利でした。
Windows7以降をお持ちの方はアクセサリの中から見つけられます。

Snipping Toolが結局何なのかというと、
スクリーンショットをそのまま画像にできるキャプチャソフトです。

通常パソコンの画面を画像としてデータにするには、
まずスクリーンショットで画像をコピーし、
画像編集ソフトで白紙に張り付けて保存という方法が一般的です。

が、このSnipping Toolは起動して指定するだけで、
その画面の任意の範囲を画像として切り取ることができます。
そしてそのまま名前をつけて保存をすれば、
あっという間にスクショ画像がデータとして残せます。

ペンや消しゴムもついていますので、簡単な編集ならこれだけでできます。
フォトショップ等までの性能はなくても良い、
ちょっとした画像編集ソフトを探しているのでしたら、
試しに使ってみてはいかがでしょうか。

ところで最近ノートパソコンを購入して、
日中の作業はこちらで主にしているのですが、
どうにもタッチパッドに慣れません…。

基本的にあまりマウスは使わないのですが、
いざないとなると不便ですね。
Snipping Toolもマウスの右クリックの方がすんなり使えるので
無線のマウスを購入するべきか検討中です。

生粋のデスクトップ世代なのでノートパソコンは不慣れですが、
でもノートパソコンにマウス繋いでいる光景ってあまり見かけないような。

ノマドさんたちはタッチパッドも使いこなしているんでしょうか。
文字を打っているときに、ふとカーソルがあるところに文字が飛ぶので
ちょっとイライラしてしまいます笑
頑張ります。
※2016/12/23追記
ノートパソコン用のマウスを購入しました。
やっぱり快適です。


コツコツしっかりのアフィリエイトを学ぶならこちら⇒LUREA plus
「私」で勝負するアフィリエイトを学ぶなら⇒アンリミテッドアフィリエイト ネオ
勝手にSEOに強くなるWPテンプレートなら⇒賢威7
超簡単カスタマイズのWPテンプレートなら⇒ALPHA WordPress Theme